書誌情報

検証・大規模林道

『検証・大規模林道』編集委員会[編者]
四六判並製/312頁/2500円
ISBN978-4-8461-1613-2 C0036

 林業開発のためという名目で、山間部に完全舗装2車線の大規模林道開発事業が進められてから半世紀ほどになる。道路建設は山を崩し、谷を埋め、自然生態系を破壊する。全国で市民が建設反対運動に立ち上がり、各地で建設は阻止される。ムダな公共工事は税金をドブに捨て、談合と汚職で緑資源機構は遂に解体される。しかし、一部は生き残り、今また建設が続く。本書は、大規模林道問題全国ネットワークの元メンバーが、大規模林道問題とその反対運動の歴史と現在を検証・総括する。
(2016.7)


■内容構成
発刊にあたって(原敬一:葉山の自然を守る会) 
大規模林道問題全国ネットワーク集会の記録(新野祐子:葉山の自然を守る会) 
 全国ネットワーク結成まで
 全国ネットワーク集会の歩み
北海道の大規模林道(寺島一男:大雪と石狩の自然を守る会) 
 はじめに
 変転した大規模林道計画
 突き崩された事業推進の論拠
 立ちはだかった壁
 背中を押してくれた「緑の医師団」
 剥がれ落ちた衣
 重要な現地調査
 冬の時代を乗り越えて
 未曾有の大惨事
 最後の山場を迎えて・おわりに
岩手の大規模林道(奥畑充幸:早池峰の自然を考える会) 
 大規模林道との出会い
 費用対効果分析
 全国大会
 地質学者の警鐘
 官製談合
 今、北上山系の森は
 北上山系開発
 東日本大震災
ブナ帯からの反撃─山形の大規模林道阻止闘争(原敬一:葉山の自然を守る会) 
 葉山について
 1 葉山の自然を守る会結成以前
 2 阻止闘争第一期(一九八六年〜九〇年)
 3 阻止闘争第二期(一九九一年〜九五年)
 4 阻止闘争第三期(一九九六年〜九八年)
 5 中止が決まってから・153
 葉山神の怒り
福島の大規模林道─ブナの森の叫び!(東瀬紘一:博士山ブナ林を守る会) 
 一 福島原発事故と森林
 二 大規模林道(山のみち)の見直しについて
 三 博士山麓林道大滝線の問題について
富山の大規模林道(増田準三:元立山連峰の自然を守る会) 
 高山・大山線(有峰線)
 朝日・大山線
 大山・福光線
 おわりに
広島の大規模林道(金井塚務:広島フィールドミュージアム)
 一 はじめに
 二 要望・要請の運動(市民を巻き込んだ大衆運動)
 三 環境保全調査検討委員会を監視する  
 四 強制力を持つ運動へ
 五 監査請求から住民訴訟へ
 六 形式敗訴・実質勝訴の判決
 七 大規模林道問題は終わっていない
四国の「大規模林道という幽霊」(西原博之:愛媛自然誌研究会) 
 大規模林道との出会い
 歓迎一色
 大規模林道延命の理由付け
 地元は支持しているのか
 林業のない村に大規模林道が
 必要な環境アセスメント法改正
 愛媛で全国集会を開催
政官業の癒着にまみれた緑資源機構(臺宏士:フリーランス・ライター)
 官製談合で廃止
 公取委は三〇一件を認定
 二一業者を行政処分
 元機構理事に有罪判決
 元公団理事が考案
 「専門性」を強調
 機構本体は不問
 「談合金」疑惑
 現職閣僚ら三人が自殺
 一四県で継続
生き延びる大規模林道(樋口由美:葉山の自然を守る会) 
むすび(加藤彰紀:大規模林道問題全国ネットワーク元事務局長) 
大規模林道問題年表

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。