書誌情報

原発に抗う─『プロメテウスの罠』で問うたこと

本田雅和[著]
四六判上製/232頁/2000円
ISBN978-4-8461-1621-7 C0036

 私の足下には「津波犠牲者」と呼ばれる死者たちが、今や骨の断片と化して眠っているはずだ。実はその多くが、原発事故により、捜索から取り残された犠牲者でもある。原発的なるものが、いかに故郷を奪い、人間を奪っていったか……。
しかし、5年を経て、何も解決していない。
フクシマに生きる記者の現場からの報告。(2016.10)


■目次
 プロローグ
第1章 希望の牧場
 国が殺せと言っている牛/被曝した牛とともに/3・11
 汚染された牧草ロール/国は俺たちを棄民にしたんだ
 東電本社へ直接抗議へ行く/東電本店で/牧場通い
 同意書の提出/記者会見/訃報/被曝牛/白い斑点/獣医
 牛は見せ物じゃないぞ/最後のエサだよ、ごめんね
 原発一揆/親指の傷跡/見捨てない
 生き残ったことが地獄/何しに来たんだ
 自分で判断するように/命というものが最優先
 あなたも子どもの父親でしょ/しなくてもいいのか
 モリモリ食って、クソたれろ/菅原です
 そうか、気をつけてな/牛はものを言えないから
 望郷の牛/なぜ、こんなことに/慰霊の日
 支え続けたのは/カネより命
第2章 原発スローガン「明るい未来」99一枚の写真
 看板の撤去/大切に保存はウソなのか
 優秀賞おめでとう/原発が危ないから逃げろ
 会津若松の実家へ行きたい/自分たちは難民になったのだ
 生まれる命、守り抜く/いたたまれない後ろめたさ
 初の一時帰宅/世界一、間違った標語/ネットの中傷
 加害者とは思えない東電の姿勢
 「原子力 破滅を招くエネルギー」/二十六年目の訂正
 過ちは訂正しなければ/もう帰れないね/なぜ撤去
 修繕を求める要望書/署名集め
 望郷の いよよ遙かに いわし雲/「何やってんだ 東電は」
 後世に残していくのも我々の役割/そんなケチな人じゃあない
 よほどの理由があったんです/原発は人間をバラバラにしてしまう
 神隠しされた街/僕の標語の書き換えと同じですね
 町民は関心も興味もあまりないんです/町は再び過ちを重ねるのでは
 むごい現実であろうとも/その後……
第3章 妻よ……
 謝罪して欲しい/ 花咲く山里/計画的避難区域に
 家族がばらばらになっちゃって/やっぱり我が家はいいね
 私はここに残る/すぐに帰宅するように/たべらっしぇ
 死んだ者への責任は取らないのか/星降る山里で
第4章 抗いの声
 南相馬、覚悟の若女将 避難解除で旅館再開
 南相馬 五年四カ月後の避難指示解除、川房地区の住民 居住制限区域も解除に憤り
 夫と娘を失った七十五歳・黒沢さん
 十三年前のインタビュー・「真実を隠す国家が被害を広げている」
エピローグ
 追記/惜別

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。