書誌情報

小笠原が救った鳥

有川美紀子[著]
四六判並製/292頁/2000円
ISBN978-4-8461-1806-8 C0045

 生息数は小笠原全体で40羽程度とみられていたアカガシラカラスバト。この国指定天然記念物で絶滅危惧種の美しい幻の鳥は、人間が持ち込んで野生化したノネコなどによって絶滅の淵に追い込まれていた。
 そのことを知った小笠原の野生動物研究者らが起ち上がり、住民、獣医師、行政そして国を巻き込んだ保護活動を推し進め、絶滅の危機から救おうとする物語。(2018.4)


■内容構成
1 絶滅寸前、残りあと四〇羽
 その鳥は“幻”だった
 生き残りは世界で学校の一クラス分
 南一〇〇〇キロ、秘められた自然の島
 積み重なる鳥の死体発見
 島の中の小さなNPO
 カツオドリをくわえたネコの決定的写真
 写真が人々を動かし始めた
 あの生き残りを見捨てたら「母島が壊れてしまう」
 トラネコ、捕まる
 ネコの行方を決めた決定的な一言
 住民自ら「守る」ために作った柵
 「蛇口を締めてください」
 小笠原という島の数奇な歴史
 紅白の登場
 アカガシラカラスバトは、飛ぶ鳥だった
 少しずつ分かっていくアカガシラカラスバトの生態
 ハトとネコの危険な出会い
 アカガシラカラスバトのことを知ろう!
 アカガシラカラスバト保全計画づくり国際ワークショップ
 住民参加を実現しよう!
 「最短二十二年で絶滅」
2 カゴを背負って道なき道を
 山のネコ捕獲専門の「ねこ隊」発足!
 ねこ隊の一日
 母島にも誕生、その名も「ははねこ隊」
 「ねこ待合所=ねこまち」の誕生
 獣医さんたちの動物医療派遣団
 「ねこまち」から東京へ 旅だったネコたち
 ネコは外来種問題ではないと彼らは言った
3 幻のハト、あらわる
 小笠原・世界自然遺産に登録される
 くろぽっぽが海岸に出るわけ
 島の人びととアカガシラカラスバトがつながり始めた
 南崎にもカツオドリが戻った!
 解けていく謎と解けない謎──アカガシラカラスバトの生態
 危機一髪が島中で
 恐るべきノネコの復活
4本当の共存の形をさがす
 あの日から十年
 変わりつづけていかなければならないのは私たち
あとがき
参考文献
年表

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。