書誌情報

国境の北と日本人

藤巻光浩[著]
四六判並製/256頁/2000円
ISBN978-4-8461-1901-0 C0095

 旧樺太豊原、ロシア兵から逃れるため日本人はバスに乗り込み点呼を受けた。しかし朝鮮戸籍の彼の名前は呼ばれずバスを降ろされた……
 近代日本の国境の北であった大地。サハリン(旧樺太)、アイヌモシリ・旭川から青森へ──「国境」の北への旅。コロニアルな記憶を辿る旅から見えてきた「日本」と「日本人」の自画像……(2019.1)


■内容構成
はじめに 
序 章 国境の北へ
 旅での「出会い」とは
 メディアとしての旅行記・紀行文
 「国境の北」へ
第1章 サハリンと樺太の中間へ
 なじみのある旅とは
 地図というメディア〜オホーツク海を中心にしてみる〜
 混ざり合う文化
 私の知らない「旅」
 ディアスポラ(民族離散)の旅とは
 北海道になりそこねたサハリン
 初めての野宿
 マフィアと「友達」になる?
 イワナ、万歳!
 アニワ湾でのカレイ釣り
 サハリンの韓国人たちとカラオケを歌う
 サハリンへの旅が求めるもの
 再び、地図の読み方
第2章 アイヌモシリ・旭川のはざ間に
 国見の碑からみる上川盆地
 北海道の神社と兵村
 軍国ミュージアムと地域のミュージアムの間で
 旧日本軍と自衛隊の間を埋めるもの
 「軍都」の記憶はどこで生まれるのか
 旅の目的地としての図書館
 フィールド・ワークからホーム・ワークへ
 近代ミュージアムとしての北鎮記念館
 旭川市博物館展示の中の「ペニウンクル」とは
 「他者」を知ろうとすると出会ってしまう「自分」とは
 「物質文化」とは誰のためにあるのか
 旭川市博物館のみどころ
 ハイブリッドな動物園のケモノたち
 コスプレとしての動物園での行楽
 本当のチセとは
 理念としての「日本人」とアイヌ
 ことばが旅するための平等とは
 川村カ子ト・アイヌ記念館の見どころ
第3章 東北への旅と電気の旅が交錯する場へ
 サハリンと青森県の、二つの「豊原」
 シズエさんと私たち
 ごみ問題から考える
 牛は命をかけて乳を出す
 大地を踏みしめることと「近代」時間
 シュミレーション・ゲームやユルキャラと科学技術展示
 稲作イデオロギーと東北
 米を食らう「日本人」とは
 シューカツと天職
 MISAWA基地とセクシュアリティ
 理想的なサイエンス・コミュニケーションとは
 ミュージアムとアトミック・カルチャー
 旅の目的地から、その途中への旅へ
 電気は旅をするが、「日本人」は旅をしない・
終 章 国境の北と「日本人」の旅
「見たい、買いたい、食べたい」を満足させる「目的地」
 旅の途中へ
文献一覧  あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。