書誌情報

ODAダムが沈めた村と森─コトパンジャン・ダム反対25年の記録

コトパンジャン・ダム被害者住民を支援する会[編]
四六判上製/248頁/2400円
ISBN978-4-8461-1903-4 C0036

 政府開発援助(ODA)は、途上国を助けてあげる良いことだと宣伝されてきた。まさか援助国の日本が裁判で訴えられる事態となることは、多くの人々には意外であった。ODAは、無駄遣いや役立たない援助とか、汚職・わいろの温床、途上国の借金漬けなどの問題が指摘されることはあっても、深刻な被害がおきていることは日本国内に知らされていなかった。
 インドネシアのコトパンジャン・ダム裁判は、強制立ち退きを強いられた2 万人以上の被害者と自然環境破壊が大量に生み出され、多くの人々が苦しんでいることを白日の下にさらけ出すことになった。
 本書は、8396 人という日本の裁判史上最大の原告団と日本での裁判を支援する支援者・弁護団によって闘われたコトパンジャン・ダム裁判の全記録である。(2019.2)


■内容構成
はじめに──コトパンジャン裁判が示したもの
第1章 コトパンジャン・ダムと被害の実態
 1 コトパンジャンはどんなところか・
 2 コトパンジャン裁判の背景
 3 コトパンジャン・ダムプロジェクト
 4 住民移転の実相
 5 ダム本体工事の開始
 6 ダム工事の進行
 7 OECFの委託による住民調査
  ア 土地収用及び住民移転の手続きについて
  イ 社会的・経済的影響の調査
 8 湛水の実行
第2章 裁判では何が問われたのか
 1 コトパンジャン裁判の経緯
 2 住民たちが提起した争点
 3 明らかになった事実経緯と国・JBICらの責任
  (1) 詳細設計について
  (2) 融資審査について
  (3) 第一次円借款契約の締結について
  (4) 現地住民への説明等
  (5) インドネシア現地からの告発
  (6) 日本政府の対応
  (7) 付された条件を無視したコンサルタント契約締結への同意
 4 移転後の住民たちが置かれた状況
 5 移転の問題点
 6 裁判闘争の意義
第3章 さまざまな壁を乗り越えてきた裁判支援
 1 相互の交流で達成された提訴
 2 「村ぐるみ」の決起
 3 招請の意義
 4 画期的な住民の闘い
 5 日本の国会議員の現地調査
 6 被害者住民に寄り添った弁護団
 7 次々と現れた通訳者
 8 「何とかする、何とかなる」で乗り切った事務局
 9 「意見対立」を乗り越えて
第4章 現地の困窮は引き継がれている
 1 母系社会の崩壊がもたらしたもの
 2 移転経過の概要
 3 タンジュン・パウ村の移転前後
 4 ムアラ・タクス村の移転前後
 5 新世帯へのインタビュー
 6 調査結果をどう見るか
  (1) タンジュン・パウ村
  (2) ムアラ・タクス村 
 7 新世帯の生活安定が課題
第5章 ODAの本質とは何か
 1 ODAとは
 2 ODAの本質
 3 戦後賠償の実態
 4 一九九二年ODA大綱
 5 二〇〇三年ODA大綱
 6 開発協力大綱とは
 7 ODAと安全保障の結びつき
 8 ODAの廃止へ
第6章 コトパンジャン裁判に関わって
 コトパンジャン・ダム問題との関わり
 ジュビリー関西ネットワークとコトパンジャン・ダム
 赤道を越えた、これが?/十五年前の取材から
 地域に根づいた支援を取り組んで
 自然の権利について
 情けは人の為ならず
 インドネシア現地訪問、来日者のアテンド、キャンペーン行動を重ねて
 問題は何も解決していない──原告の声
あとがき
資 料
 1 コトパンジャン裁判関連年表
 2 訴状(第1次)より
 3 東京高裁判決要旨
 3 東京高裁判決要旨
 4 高裁判決への抗議声明(「支援する会」)
 5 高裁判決への抗議声明(弁護団)
 6 最高裁判決への抗議声明(「支援する会」)
 7 最高裁判決への抗議声明(弁護団)

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。