書誌情報

福島原発事故の謎を解く

小川進・桐島瞬[著]
四六判並製/176頁/1600円
ISBN978-4-8461-1909-6 C0036

 福島第一原発事故は謎が多い。解明されていない問題点が多々ある。本当に水素爆発だったのか? 放射能汚染の拡散は実際どうだったのか?水源は安全か? 二次汚染は? また福島原発に労働者として潜入、驚くべき内部の実態を告発する。  原発推進派とも反原発派とも異なる事実の報告!(2019.4)


■内容構成
まえがき
第1章 解明されていない問題点
 1 原発の電気は東京に送られているのか
 2 水素爆発だったのか
 3 黒煙は何だったのか
 4 大気拡散モデルとSPEEDIの怪
 5 知能低下と高齢者の死
 6 貯水池の汚染
 7 原爆の影響はないのか
 8 新しい御用学者の登場
第2章 福島第一原子力発電所の二次汚染431 放射能の長期汚染の計算
 2 方法
 3 結果
 4 考察
 5 結論
第3章 潜入取材で分かった実態
 1 こちら双葉郡福島第一原発作業所第1回 二〇一二年八月六日
  作業員はいくらでも替えがいる!?
  作業員を無視した会長と社長
  作業員の士気は低下
 2 こちら双葉郡福島第一原発作業所第2回 二〇一二年八月十三日
 3 こちら双葉郡福島第一原発作業所第3回 二〇一二年八月二十七日
 4 こちら双葉郡福島第一原発作業所第4回 二〇一二年九月三日
 bT こちら双葉郡福島第一原発作業所第5回 二〇一二年九月十日
 bU こちら双葉郡福島第一原発作業所第6回 二〇一二年九月十七日
 bV こちら双葉郡福島第一原発作業所第7回 二〇一二年九月二十四日
 bW こちら双葉郡福島第一原発作業所第8回 二〇一二年十月一日
 bX こちら双葉郡福島第一原発作業所第9回 二〇一三年十月八日
 10 こちら双葉郡福島第一原発作業所第10回 二〇一二年十月十五日
 11 こちら双葉郡福島第一原発作業所第11回 二〇一二年十月二十二日
 12 こちら双葉郡福島第一原発作業所第12回 二〇一二年十月二十九日
 13 こちら双葉郡福島第一原発作業所第13回 二〇一二年十一月五日
 14 こちら双葉郡福島第一原発作業所第14回 二〇一二年十一月十二日
 15 こちら双葉郡福島第一原発作業所第15回 二〇一二年十一月十九日
 16 こちら双葉郡福島第一原発作業所第16回 二〇一二年十一月二十六日
 17 こちら双葉郡福島第一原発作業所特別篇 二〇一二年十二月三日
  「放射能は八日たてば消えます」
  「お得意さんに意見はするべきじゃない」
  事実確認に行ったら二時間もの恫喝!
 18 こちら双葉郡福島第一原発作業所第18回 二〇一二年十二月十日
 19 こちら双葉郡福島第一原発作業所第19回 二〇一二年十二月十七日
 20 こちら双葉郡福島第一原発作業所第20回 二〇一二年十二月二十四日
 21 こちら双葉郡福島第一原発作業所最終回 二〇一二年十二月三十一日
 22 世界一ブラック職場イチエフ作業員残酷体験記2015 二〇一五年十一月九日
  防護服、手袋、靴下などは使い捨て。一日で膨大なごみとなる!
  五分で二〇ミリシーベルトも被曝し、日当二〇万円の仕事も
  廃炉まで四〇年以上、数十万人の作業員が使い捨てにされる?
 23 台風一五号が東日本に“黒い雨”を降らせていた 二〇一一年十月十七日
  関東地方各地で線量が大幅に増加
  台風に吹き込む暴風が汚染大気を運んだ
  新宿や上野の線量は五倍以上に
 24 嵐の前の静けさ 二〇一三年十二月九日
  福島南部の海岸線は崖が一直線に削られていた
  望遠写真でハツキリ見えた排気筒の赤錆損傷部分
 25 原発作業所
あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけますが、小社書籍常備店がより確実に在庫を取りそろえておりますのでご利用下さい。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。