書誌情報

自動運転の幻想

上岡直見[著]
四六判上製/223頁/2500円
ISBN978-4-8461-1911-9 C0036

 運転者のミスを防止し、交通事故や渋滞をなくすことができる。障害者や過疎地の移動手段として役立つ。タクシー・バス・トラックのドライバー不足を解消できる――自動運転は自動車や交通に関わる諸問題を解決できると期待が高まっている。自動車メーカーの開発も急ピッチだ。
 しかし本当にそうなのか? 交通事故をなくせるのか? どこまでが可能なのか? 限界はどこなのか?
 本書は自動運転の技術問題と交通問題を多角的な視点から分析、自動運転の限界と幻想を指摘する。(2019.6)


■内容構成
はしがき
第一章 自動運転の基本事項
 自動運転に関する基本事項
 日本の技術開発の経緯
 自動運転とAI
 自動運転の「レベル」
 自動運転と軍事
 自動運転の課題
第二章 自動運転の障壁
 認識と判断の壁
 ロジックの壁
 人と機械の分担の壁
 処理能力やデータの壁
 車外とのコミュニケーション
 情報の管理
 道路交通法の壁
 自動運転車の事故は誰の責任か
第三章 自動運転車と交通事故
 自動運転車と事故
 交通事故は構造的な問題
 日本の運転慣習と自動運転
 車と歩行者の関係
 事故はスピードの問題
 自動運転の社会的受容
 悪質運転は防げるか
第四章 人と物の動きから考える
 車クルマ「強制」社会
 「停まる凶器」
 人口希薄地帯のモビリティ
 自動運転車の普及可能性
 新しい移動サービス
 バスと自動運転
 タクシーと自動運転
 「人が不要」という幻想
 物流と自動運転
 自動運転車と格差
 国際的な不公平
第五章 経済とエネルギー
 自動運転と自動車産業
 内需と輸出
 EVは「走る原発」
 電源としてのEV
 FCV(燃料電池車)も「走る原発」
 エンジン車も「走る原発」
おわりに
付表

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけます。店頭にない場合は、このHPに掲載している書籍は、小社で在庫しておりますので、書店にご注文ください。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。