書誌情報

原発フェイドアウト

筒井哲郎[著]
四六判上製/272頁/2500円
ISBN978-4-8461-1913-3 C0036
★在庫あり

 福島原発事故後、原発に対する人びとの見方は、着実に脱原発の方に向かっている。しかし原発事故の被災者の困難は解消されず、政府が無視すればするほど、原発の持つ根源的なリスクの深刻さがあらわになってきている。いま福島で進行しつつある施策は上辺を糊塗するにとどまり、将来に禍根を残すものである。そして、現政権は原発推進から方向転換する見識がない。
 私たちの社会で、民主的手続きを踏みつつ、合理的な選択を行うにはどうしたらよいのだろうか。プラント技術者の視点で原発の本質を考える。(2019.7)


■内容構成
まえがき
第一章 筋道の通らない政策の寄せ集め
 第1節 あらわになった原発の衰勢
 第2節 虚構の上に立つ原発
 第3節 太陽光発電が原発を圧倒
 第4節 もんじゅ廃止とおねだり経済
第二章 原発再稼働計画の論理破綻
 第1節 火山リスクの予測と「社会通念」
 第2節 非常時における複雑な運転要求
 第3節 後付けのブローアウトパネル
 第4節 福島事故の未解明問題
第三章 原発の正体
 第1節 「核抑止力」という気味の悪い看板
 第2節 核廃棄物と千年・万年・十万年
 第3節 戦争も原発もいいとこどり
 第4節原発規制基準の限定的性格
第四章 事故サイト内外の後始末
 第1節 減容化施設による汚染物質のまき散らし
 第2節 木質バイオマス発電と森林除染
 第3節 トリチウム水の海洋放出
第五章 原発運用の組織と人間
 第1節 原子力規制と人格的信頼
 第2節 安全対策における「リソース有限論」
 第3節 法廷での証人尋問
 第4節 職業人の専門性と社会的使命
 第5節 専門家の自縄自縛
第六章 敗戦処理業務のガバナンス
 第1節 もんじゅの廃炉
 第2節 寄り合い組織のもたれ合い
 第3節 避難計画における情報と殿軍
 第4節 労働者被ばく線量データの分断と欠落
第七章 福島の今
 第1節 汚染測定と廃炉作業の研究所
 第2節 除染廃棄物処分場
 第3節 浜通りの町と学校
 第4節 〈希望の牧場〉と詩画集『見捨てられた牛』
 第5節 政策転換に向けて
初出一覧
あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけます。店頭にない場合は、このHPに掲載している書籍は、小社で全て在庫しておりますので、書店にご注文ください。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。