書誌情報

反原発運動四十五年史

西尾漠[著]
四六判上製/324頁/2500円
ISBN978-4-8461-1921-8 C0036
★在庫あり

 日本の反原発運動は、原発建設予定地での農漁民、住民の反対運動から、スリーマイル島原発事故、チェルノブイリ原発事故を経て、市民、労働者に拡がり、福島第一原発事故によって、大きな脱原発運動へと変貌した。
 本書は、『はんげんぱつ新聞』編集長である著者による反原発・脱原発運動最前線の闘いの生々しい45 年史!(2019.12)


■内容構成
現場の声でつづる『反原発運動四十五年史』
一九五四年〜一九七三年 前史二十年
一九七四年〜一九七八年 運動の全国化
 一九七四年 運動の主役たちが顔をそろえる
 一九七五年 第一回反原発全国集会
 一九七六年 二本建て公聴会構想
 一九七七年 「反原発週間」始まる
 一九七八年 『はんげんぱつ新聞』誕生
一九七九年〜一九八五年 事故の衝撃
 一九七九年 スリーマイル島事故起こる
 一九八〇年 「公開ヒアリング」に明け暮れ
 一九八一年 敦賀原発放射性廃液流出
 一九八二年 動き出す再処理工場候補地探し
 一九八三年 反原発の多様な闘い
 一九八四年 再処理─プルトニウム利用政策への反撃
 一九八五年 「反核燃の日」と「幌延デー」
一九八六年〜一九九二年 脱原発への飛躍
 一九八六年 チェルノブイリ原発事故
 一九八七年 新しい動き、つづく
 一九八八年 伊方行動と二万人集会
 一九八九年 「脱原発法」を求めて
 一九九〇年 脱原発法署名第一次提出
 一九九一年 脱原発法不成立
 一九九二年 核燃料輸送情報秘密化
一九九三年〜一九九九年 安全神話の崩壊
 一九九三年 プルトニウム時代の幕開け
 一九九四年 上関、芦浜計画めぐり動き
 一九九五年 阪神淡路大震災から「もんじゅ」事故まで
 一九九六年 巻原発住民投票
 一九九七年 動燃が衣替え
 一九九八年 核燃料サイクルを回すな
 一九九九年 MOX燃料上陸
二〇〇〇年〜二〇一〇年 新たな時代状況
 二〇〇〇年 芦浜原発計画白紙撤回
 二〇〇一年 二つの住民投票
 二〇〇二年 東京電力トラブル隠し
 二〇〇三年 原発の終わりの始まり
 二〇〇四年 美浜3号一一人死傷事故
 二〇〇五年 上関海戦
 二〇〇六年 上関海戦つづく
 二〇〇七年 「原発のゴミ・全国交流集会」
 二〇〇八年 上関、風雲急
 二〇〇九年 プルサーマル始まる
 二〇一〇年 ストップ!プルサーマル
二〇一一年〜二〇一九年 さようなら原発
 二〇一一年 福島原発事故
 二〇一二年 全原発停止
 二〇一三年 全原発停止再び
 二〇一四年 再稼働めぐる攻防
 二〇一五年 廃炉の時代へ
 二〇一六年 「もんじゅ」廃炉
 二〇一七年 どうする核のごみ
 二〇一八年 どうする使用済み燃料
 二〇一九年 廃炉は続く

日本の反原発運動略年表
索引

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけます。店頭にない場合は、このHPに掲載している書籍は、小社で全て在庫しておりますので、書店にご注文ください。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。