書誌情報

乳幼児ワクチンと発達障害

臼田篤伸[著]
四六判並製/224頁/1800円
ISBN978-4-8461-2003-0 C0047
★在庫あり

 自閉症・発達障害という疾患の話題が、新聞紙上に載らない日はまずない。また、自閉症・発達障害と診断されている青少年の犯罪も急増している。一方、専門家は異口同音に「生まれつき」障害と断定して、この疾患の原因解明を放棄している。
本当に生まれつきなのか? 原因は何なのか? 著者はその原因を追求し、様々な証拠から、0歳児を中心とする乳幼児予防接種の乱用が自閉症・発達障害の激増の原因ではないかとの結論にいたる。本書は、その根拠と仕組みを丁寧に解説し、どうすれば発達障害を予防し、問題を解決できるかを提言する。(2020.2)


■内容構成
はじめに
第1章 発達障害の原因は乳幼児へのワクチン乱用
 原因究明を阻む専門家による「生まれつき」論に科学のメスを
 大脳皮質のダメージに基づく疾患
 発達障害は主に大脳皮質の受容と指令の混乱によって起きる疾患
 予防接種は自然の法則に反した医療行為
 恐るべし、ワクチンの乱用!
 ワクチン成分によるミクログリアの慢性活性化への関与
 ミクログリアの異常活性化を画像で証明
 乳幼児予防接種がもたらす脳への傷害の全体像
第2章 未だかつて無かった不思議な光景
 身近に迫る発達障害
 発達障害急増の謎
 日本も発達障害「先進国」の仲間入り
 発達障害本の氾濫
 発達障害に含まれる個々の疾患名と術語の解説
 発達障害が生み出す深刻な二次被害
第3章 発達障害は「生まれつき」障害のウソ
 発達障害の原因追究はタブー
 発達障害の真の原因解明を蔑ろ
 ワクチンには驚きの成分、何も知らずに接種できますか?
 反ワクチン運動の医師の免許剥奪
第4章 賑わう発達障害ビジネス
 発達障害急増に伴う特別支援教育の必要性増大
 特別支援教育の実際
 民間の支援体制も着々と進む
 放課後等デイサービス
 現実の支援体制の下で矛盾が噴出
第5章 ワクチン先進国=発達障害「先進国」
 ありがた迷惑な「先進国」
 ワクチン先進国の惨状──続発する銃乱射事件
 発達障害の急増は否定できない事実
 最近のワクチンを巡る異常事態
第6章 発達障害が原因とみられる凶悪事件の多発
 発達障害の元名古屋大生、無期懲役確定
 新幹線車内殺傷事件の衝撃
 川崎老人施設転落死事件裁判──死刑判決の不当性の考察──
 自閉症スペクトラム障害裁判を取材・追跡した作家の本二冊より
第7章 ワクチン乱用が原因不明の難病を作り出す
 予防接種の低年齢化と接種激増が子どもたちの「原因不明」の難病を生む
 結節性硬化症について
第8章 ワクチン至上主義はもはや時代遅れ
 「ワクチン後進国」なる時代錯誤
 肺炎球菌ワクチンの宣伝に見る異常さ
  子宮頸がんワクチン……副作用被害がダントツに多い
 製薬マネーが医療を操っている
第9章 必要性の高いワクチンと低いワクチンの選別法
 よく吟味して必要なワクチンを選ぶことが大切
 ワクチン全体についての必要性と不必要性
 赤ちゃんのワクチンがこんなに増えたのはなぜ?
 ワクチンは副作用被害を引き起こす宿命を持つ
終わりに

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけます。店頭にない場合は、このHPに掲載している書籍は、小社で全て在庫しておりますので、書店にご注文ください。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。