書誌情報

原発避難はできるか

上岡直見[著]
四六判上製/224頁/2000円
ISBN978-4-8461-2006-1 C0036
★在庫あり

 原子力発電所で大事故が起きた場合、周辺住民は速やかに避難しなければならない。そのために国・原子力規制委員会の定めた原子力災害対策指針があり、この指針に基づき道府県・市町村の原発避難計画が策定されている。2014年にこの指針の方針転換があり、国の避難政策が「できるだけ住民を逃がさない」施策になった。これはいったいどういうことか?
 本書は、この指針やそれに基づく避難計画では、住民の安全な避難が不可能なことを、避難の全局面で一つ一つ明らかにする。そして健康を脅かす被ばくを強要する国の政策を問う。(2020.3)


■内容構成
はじめに
1 再稼働と「新安全神話」
 四〇年前から始まっていた福島原発事故
 増え続ける使用済燃料、放射性廃棄物
 原子力規制委員会の「牛歩戦術」
 核武装能力との関連
 「世界一厳しい安全基準」の性格
 福島原発事故は「想定内」
 事故は現場で起きる
 地震列島に浮かぶ核施設
 「新安全神話」の下での避難計画
 再稼働の現状と次の大惨事
 東海第二原発の緊急事態
2 避難と被ばく
 被ばく管理に関する整理
 現在の避難政策
 被ばくの過程
 「三〇q」は安全距離ではない
 屋内退避と被ばく
 避難時間シミュレーションとその問題点
3 避難政策の転換と問題
 「できるだけ住民を逃がさない」方針への転換
 原子力防災の枠組みの問題点
 他の防災法制との矛盾
 依然として「集団無責任体制」
 「立地自治体の了解」とは
4 避難の困難性
 避難の各段階における困難
 避難に関する基本的な情報(「Q&A」7関連)
 避難に必要な情報の取得について(「Q&A」7関連)
 住民への伝達
 発電事業者からの情報提供
 要配慮者(自力での移動が困難な者・「Q&A」8関連)
 屋内退避の困難性(「Q&A」9関連)
 道路渋滞による避難時間への影響(「Q&A」10関連)
 交差点その他ボトルネック部での誘導
 渋滞以上に時間のかかる要因
 避難路は使えるか(「Q&A」11関連)
 安定ヨウ素剤の配布(「Q&A」12関連)
 自動車燃料の制約(「Q&A」13関連)
 「段階的避難」の非現実性
 人的リソースの不足
 住民の避難準備
 総合的な困難性と被ばく
5 避難したあとどうなるのか
 避難関連施設自体の危険性
 いつまで「体育館に雑魚寝」なのか
 物資は届くか(「Q&A」14関連)
 避難後に始まる困難
 避難の長期化
 復興とリスクコミュニケーション
 風評はなぜ起きるか
 地域経済への打撃
 平時でも地域経済に貢献しない原発
 原発を断った市町村
 土と水に対する汚染
 原子力事故と国民負担
おわりに
巻末付属資料

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけます。店頭にない場合は、このHPに掲載している書籍は、小社で全て在庫しておりますので、書店にご注文ください。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。