書誌情報

告発・原子力規制委員会─被ばくの実験台にされる子どもたち

松田文夫[著]
四六判並製/208頁/1800円
ISBN978-4-8461-2008-5 C0036
★在庫あり

 福島第一原発の事故後、国は被ばくの限度をそれまでの年間1ミリシーベルトから20 ミリシーベルトまで引き上げた。被ばくの影響は大勢の住民に及ぶので、本来であれば被ばくの限度を引き下げるべきであるが、正反対の措置がとられたのである。これにより、特に放射線の影響を受けやすい子どもたちは、放射線障害を発症するおそれがある。この20 ミリシーベルトの値は、その理論的根拠が明確ではなく、また、この値が規定されている法律はない。
 この値は理論的にも、法的にも根拠がないのである。それなのに、被災地の人々はこの値に基づいて汚染地区に住むように強制され、子どもたちが被ばくの実験台にされている。
 本書では、子どもたちを被ばくの実験台にしようとするのは、いったい誰なのか――それを明らかにする。(2020.4)


■内容構成
はじめに
1 『てんまつ記』以降のてんまつ
 ICRP新勧告案
 ICRP勧告の移り変わり
 新勧告案へのコメント
2 1ミリシーベルトはどこに規定されているか
 実用炉規則
 線量限度等告示
 実効線量と等価線量
 原子力基本法
 放射性同位元素規則
 電離放射線障害防止規則
3 20ミリシーベルトは誰が決めたのか
 文科省と原安委の折衝
 文科省の暫定的考え方
 原災本部の見解・指示
 小佐古参与の辞任
 第14回原災本部会議
 環境省特別措置法
 低線量被ばくワーキンググループ
 児玉教授・甲斐教授の発言
 子ども・被災者支援法
 原子力災害対策特別措置法
 第49回原災本部会議
4 20ミリシーベルトの根拠はあるのか
 ICRP声明
 PUB111勧告
 100、20、1ミリシーベルトの根拠
 欧州放射線リスク委員会勧告
5 被ばくの実験台にされる子どもたち
 第29回原災本部会議
 帰還に向けた検討チーム
 帰還に向けた基本的考え方
 福島復興再生特別措置法
 平成30年第23回原子力規制委員会
 特定復興再生拠点区域における放射線防護対策について
 第50回原災本部会議
 福島県民健康調査
6 まとめとおわりに
あとがき

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけます。店頭にない場合は、このHPに掲載している書籍は、小社で全て在庫しておりますので、書店にご注文ください。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。