書誌情報

科学者の社会的責任を問う

荻野晃也[著]
四六判上製/272頁/2500円
ISBN978-4-8461-2014-6 C0036
★在庫あり

 京大工学部原子核工学教室の職員(助手)だった私は、学生・院生たちと原発の安全性や問題点を学ぶうちに、その「危険性」を確信したのです──湯川秀樹を代表とする原子力研究のメッカで、反旗を翻して反原発運動の黎明期に活動し、「全国原子力科学技術者連合」(全原連)の組織化に邁進し、「伊方原発訴訟」の弁護補佐人として安全性論争を担った著者の闘いの軌跡……。
 核兵器の反対を訴える一方で、原発は原子力の平和利用だ、とする世論が作り出されていった事への不信感を出発点に、科学者らの社会的責任を改めて問い、その社会的使命を考える。(2020.8)


■内容構成
第1章 科学者の社会的責任と反原発
 はじめに
 第1節 京大における原子核研究
 第2節 京大での私の研究について
 第3節 京大の原子核・原子力研究について
 第4節 湯川秀樹先生のこと
 第5節 湯川秀樹と原発問題
第2章 京大工学部原子核工学教室に就職して
 はじめに
 第1節 「全国原子力科学技術者連合(全原連)」の誕生
 第2節 全原連の活動について
 第3節 反原発住民運動とのかかわり
 第4節 全原連とその他の反(脱)原発運動との関係
第3章 伊方原発訴訟のこと
 第1節 裁判の開始まで
 第2節 「異議申し立て」の提出
 第3節 「第一審」が始まる
 第4節 第一審の経過と証人調べ
 第5節 第二審(控訴審)始まる
 第6節 控訴審での証言内容と経過
 第7節 最高裁に上告
 第8節 伊方原発訴訟が終わってから
第4章 原発問題から電磁波問題へ
第5章 おわりに
年 表 京大定年退官までの45年間の出来事──反原発から電磁波問題まで

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけます。店頭にない場合は、このHPに掲載している書籍は、小社で全て在庫しておりますので、書店にご注文ください。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。