書誌情報

農と食の戦後史─敗戦からポスト・コロナまで

大野和興・天笠啓祐[共著]
四六判上製/188頁/1800円
ISBN978-4-8461-2018-4 C0036
★在庫あり

 敗戦直後の食糧難時代を経て、高度成長で人が農村から都市へ流れ、環境破壊や健康破壊が顕在化し、農業基本法や減反政策などで農業が衰退してゆく。その後、農業はグローバル化の波にさらされ、遺伝子組み換えやゲノム操作など、食の安全が脅かされるようになる。一方、有機農業や消費者運動が活発になっていく。
 本書は、政治、経済、社会をバックに日本の農業と食がどのように変化してきたかを捉え、戦後の食と農を総括している。(2020.9)


■内容構成
第1章 日本農業の戦後出発と食糧増産の時代
 戦後の民主化と農民運動
 機械化と化学化が始まる
 米国の余剰農産物の受け入れ先に
 工業優先の時代へ
第2章 基本法農政とコンビナート建設の時代
 戦後農業の最大の転換
 コメから見た日本農業
第3章 新たな農民運動と有機農業運動の始まり
 農民運動も新たな時代へ
 ゼネコンを支える労働力
 農薬問題と有機農業運動
第4章 総合農政と農業切り捨ての時代
 減反政策始まる
 品種の多様性が奪われることで起きる問題
 食糧問題の世界化と近代畜産の拡大
 米価闘争・乳価闘争
 農家の持つゆとりとは?
第5章 臨調行革路線とガット・ウルグアイラウンドの時代
 食管制度が奪われる
 臨調行革路線の登場
 主要農作物種子法と種苗法
 ガットからWTOへ
 遺伝子組み換え作物の登場
 農業の主体と植物工場
第6章 グローバル化の中の農と食
 グローバル化が奪う食の安全
 生産効率主義が限界にまで来た
 技術の主体の変化と認証ビジネス
 企業犯罪が相次ぐ
第7章 TPPと3月11日の衝撃
 原発事故がもたらした提携の分断
 農業特区
 安保法制と農業
 貧困の問題、あるいは格差社会
 健康の戦略化
 食品表示制度の改悪続く
 食品と医薬品の区別があいまいに
 ゲノム編集技術の登場
第8章 コロナ・ポストコロナ時代の農と食
 新型コロナウイルスによる感染症拡大で何が起きた
 ポストコロナと農と食の未来
年 表 戦後の農と食の歴史

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけます。店頭にない場合は、このHPに掲載している書籍は、小社で全て在庫しておりますので、書店にご注文ください。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。