書誌情報

新型コロナ禍の交通

上岡直見[著]
四六判上製/225頁/2000円
ISBN978-4-8461-2020-7 C0036
★在庫あり

 新型コロナ禍は終息する気配がなく、今後も長く社会・経済に影響を及ぼす恐れがある。その結果、交通は大きな危機と変動の時代に入っている。中小都市ばかりではなく大都市圏でも、公共交通が危機に瀕している。
 鉄道で問題になる「三密」について感染リスクと対策はどうあるべきか? そして新型コロナ時代に対応する低速交通体系の充実を提案する。(2020.10)


■内容構成
はしがき
1 感染症と交通の視点
 感染症対策と「交通」
 放置されていた対策
 人々の移動要求
 交通は人権である
 移動規制は人々を守るか
 感染症対策の対象は「ふつうの人」だけ
 コロナで拡大した「格差」
 感染症を数式で解く
 「八割おじさん」の数字はどこから?
 「交通」を考慮したシミュレーション
2 人・物・経済の動き
 人々はどう動いていたか
 人の動きはどう変わったか
 マイカーへのシフトの動き
 インターネットは「物質転送機」ではない
 宅配便はどう対応したか
 緊急輸送と自衛隊
 ステイホームにはワークアウト
 産業のつながりを捉える
 「食品」だけでは流通できない
 消費低迷による経済影響
3 公共交通とコロナ
 公共交通は感染源なのか
 公共交通の危機
 環境優位性の消滅
 公共交通の社会的価値
 公共交通は格差是正のシステム
 自動運転は地域交通に寄与するか
4 「三密」の科学
 百年目の「ガラアキ」
 鉄道なしでは存在しない日本の大都市
 「三密」を数字で捉える
 なぜ「三密」になったのか
 リモートワークと時差通勤
 「三密」と非正規労働者
5 新型コロナと複合災害
 交通事故こそ複合災害
 安全な避難は「権利」
 感染症下での災害避難〜複合災害への対処
 原子力災害と感染症
 コロナで露呈した「避難の格差」
 アベノミクス災害─すでに複合災害である
6 「低速」交通体系の充実を
 高速交通体系の変化
 交通の大部分は地域内
 「低速交通」の重視を
 外国の交通政策と比較
 リニアでJR東海も沿線も破綻
7 ポストコロナの社会と交通
 一極集中は変わるのか
 「新しい生活様式」は持続的でない
 戦前・戦中に通じる「新しい生活様式」
 ショック・ドクトリンを警戒せよ
 接触確認アプリ
 オリンピックは「パンデピック」になる
 ポスト・コロナのエネルギー問題
 危機に機能しない日本の政府
おわりに

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけます。店頭にない場合は、このHPに掲載している書籍は、小社で全て在庫しておりますので、書店にご注文ください。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。