書誌情報

核被害の歴史─ヒロシマからフクシマまで

稲岡宏蔵[著]
A5判上製/376頁/3600円
ISBN978-4-8461-2024-5 C0036
★在庫あり

 人類は、広島・長崎への原爆投下以来、何度も核戦争による破滅の危機に遭遇してきた。またビキニをはじめとする核実験やチェルノブイリやフクシマの原発事故は、甚大な被害と膨大なヒバクシャを新たに生み出してきた。本書は、ヒロシマからフクシマまで核時代の歴史の変遷の中で、核による「被害」と「人権」、「加害」と「責任」、具体的には、核被害者の人権と加害者の責任に焦点をあてて歴史を総括。ヒバクシャをはじめとする世界の人びとが、反核平和・反原発のたたかいを通じて、核廃絶のためにどのように苦闘してきたかを考察した労作。(2020.12)


■内容構成
はじめに
T部 原爆被害──人権と責任
 1 原爆被害──人権と責任、被爆者の訴え
 2 原水禁運動と被団協の結成、原爆「医療法」と「原爆裁判」東京地
裁判決
 3 被爆者の「平和に生きる権利」と「生命権」、「三つのホショウ」と
国の責任
 4 被爆者援護法要求と孫振斗最高裁判決、「基本懇」による核被害の「受
忍論」
 5 国家補償に基づく被爆者援護法要求と被爆者援護法制定
 6 被爆者援護法制定後も、持続する被爆者の闘い
 7 平和人権教育、被爆二・三世運動から、未来世代への被爆体験の継
承へ
U部 世界の核被害──グローバルな人権と責任
 1 核の健康・環境影響と科学者の証言─環境権、健康権の確立をめ
ざして
 2 被爆者からヒバクシャへヒバクシャの国際連帯
 3 世界の核被害者の人権確立、連帯をめざして
 4 核時代──グローバルな人権確立に向けて
 5 核兵器の非人道性と法的禁止をめざして
 6 チェルノブイリ事故と人権、責任
V部 フクシマ核被害──人権と責任、被曝の「受忍」
 1 深刻かつ甚大なフクシマ核被害と人権侵害
 2 ICRP の被曝強要、「受忍論」とグローバー勧告の健康権
 3 子ども・被災者支援法と被曝を避ける権利、国の責任
 4 甚大、深刻なフクシマ事故被害──補償・賠償責任と新たな「受忍論」
 5 菅民主党政権──「復興再生構想」と「東日本大震災復興基本法」
 6 野田政権による事故「収束宣言」と避難区域再編
 7 福島県の原発に依存しない「復興ビジョン」「復興計画」から「福
島特措法」へ
 8 安倍政権の「復興の加速化」──帰還促進と基本的人権の侵害
 9 「本格的復興」へ─国の責任放棄とフクシマ切り捨て、中央経済・
産業の振興
 10 被害の受忍、被害者の切り捨て・分断に対する被害住民の闘い
 11「 人格権」による原発運転停止、再稼動阻止、原発ゼロへ
 12 原発被曝労働者の健康と人権を守る闘い
 13 甲状腺ガン発症と医療・健康の保障、被爆者援護法に準じた法整備

 14 教育における人権の実現・回復の闘い
 15 まとめ─原発災害における被害と加害、核時代の人権と責任
年表 核時代の変遷と反核平和運動
おわりに

書籍の探し方

配本から1年以内の新刊書籍は、「出版物のご案内」の先頭ページにございます。既刊書籍をお探しの方は下のジャンル一覧から、または50音索引からお探しください。

Ⅰ エコロジーの本

Ⅱ 社会問題の本

Ⅲ 現代の政治と社会の本

Ⅳ 戦争と平和の本


小社刊行物のご購入方法

  • 全国どの書店でもご購入いただけます。店頭にない場合は、このHPに掲載している書籍は、小社で全て在庫しておりますので、書店にご注文ください。
  • お急ぎの場合は直接販売もいたします。詳しくは直接購入のご案内を御覧下さい。

    ebook_bnr

    著作権について

    小社出版物は日本出版著作権協会(JPCA)が委託管理する著作物です。詳しくは別掲を御覧下さい。